海も私もキレイ
にするウェア

世界中で深刻化する海洋プラスチック汚染。
海に漏れ出すプラスチックごみの量は毎年800万トン*を超え、太平洋にはそのごみが集まってできた「ゴミ諸島」が出現。
これ以上、生物・生態系への影響を見過ごすことはできません。
yoqでは、プラスチック廃棄物を製品の原材料として再利用する「マテリアル・リサイクル」を積極的に取り入れます。
海や自然を愛するヨガ愛好家が、気軽に環境保全に貢献できるよう、地球にやさしく、再生・持続可能なファッションの繁栄に貢献しながら、
「海も私もキレイにするウェア」の提供を目指します。

*Jambecket al. 2015

yoq(ヨーク)はサンスクリット語のyoga(ヨーガ)というコトバに由来し、
結びつく、ひとつになる、つながるという意味が込められています。

KUMIKO

外資系化粧品会社でマーケティング・商品企画開発に携わりながら、ヨガ・インストラクター、ダンサーとしても活躍の場を広げる。世界の海を旅するなかで、海洋プラスチック汚染の深刻度合いを目の当たりにし、危機感をつのらせる。
ペットボトル、レジ袋、毎日着ているヨガウェアもそのほとんどがプラスチックに依存した現状。それは、ヨガの教えで身につけたエシカルな暮らし(地球環境や社会に配慮した暮らし)とは相異れないものと感じ、課題解決に奔走する。
ECONYL®という素材や、環境問題に取り組む世界各地のパートナーとの出逢いを通して、リサイクル素材をはじめとしたヨガ&アクティブウェアの開発に着手。環境配慮を身近に取り入れたライフスタイルを広げるため、2018年1月にyoqを立ち上げる。

TOPTOP