BLOG

Meet Aya!
パーソナルトレーナー/Body Tuning ®  Founder/as i am apartment代表

Ayaさんご自身について教えてください。
大学卒業後は『25ans』『Figaro Japon』などの女性誌の編集者になりました。その在職中にNY発のボディワーク、ジャイロトニックに出会いパーソナルトレーナーの道へ。ありがたいことに、私の働く南青山の as・i ・am/apartmentには、女優、モデル、クリエイター、ファッション関係者をはじめ、経営者や管理職などのエグゼクティブを含む、都会で活躍するクリエイティブクラスの方達がが足繁く通ってくださいました。そんな方達との日々のレッスンからヒントをいただき、『エグゼグティブ・ボディ・チューニング』(講談社刊)という本を2013年に上梓しました。

しかし、東北大震災以降くらいから、クライアントさんたちのニーズが変化してきて。もっとシンプルに、家で、自分自身でやれることを知りたいと。言い換えれば大掛かりなマシーンを使いたくないと….(笑) 私自身も、自分のトレーニングにヨガ、呼吸法、瞑想、タイマッサージを取り入れたので、アメリカだけにとどまらず、アジアやヨーロッパなどを旅しながら新しい方法を探していました。また東洋思想を大切にする欧米人の指導者たちとの交流を通して、あらためて、自分自身の東洋人らしさ、アジア人としてのアイデンティティに気づかされて。強さとしなやかさ、自信とリラックスが共存する、力ではなく呼吸で逆立ちできるようなカラダ作り(少ないパワーで最大限の力を発揮する)を提案したいなと思って。全ての動きのファウンデーションとなるようなBody Tuning®︎を考案しました。今はそれを一人でも多くの人と共有できるようにと頑張っています。


Aya
さんの人生においてヨガはどのような役割や影響がありますか?
私は、ヨガの世界にはリストアティブヨガから入りました。私個人の感覚ですが……ジャイロトニックで「飛ぶ」ことを学んでいたので、ずっと「着地」する方法を探していた。だから、私にとってヨガは私を着地させてくれるもの=グラウンディングさせてくれる存在です。シャバアーサナの虜です。


最近夢中になっていることがあれば教えてください。
ヒップホップダンスと太極拳。二つはとても似てる。

今深刻な問題となっている海洋プラスチック汚染。日本政府もようやく具体的な取組を見せていますが、Ayaさんの周りで気になる活動はありますか?
皆さんが知っているようなメジャーな情報だとは思いますが…スターバックスでもプラスチック製のストローを使わなくなる…という話を聞いたり、あとはパタゴニアは定期的に化繊マイクロファイバー汚染の情報をちゃんと開示していて、さすがだなと思います。

最近「脱プラスチック」や「プラスチックフリー」といった表現が流行っていますね。Ayaさんが個人的に取り組んでいることがあれば教えてください。
エコバッグ。水筒。バーやクラブではロングカクテルを飲むときにストローはいりません…と言ってみる。ガムは食べない。

「サステイナビリティ」や「エシカル」をうたったファッションブランドが少しずつ増えてきています。Ayaさんはファッションにおいて今後どのようなことを期待しますか?
「サスティナビリティ」も「エシカル」もとても大事。でも服だから……。ファッションの面白さも忘れたくないですよね。服の面白さって、一瞬で気分が変わることだと思うんです。まるで小さな子供がドレスを着たらプリンセスになってしまうように、身につけるものだけで、立ち居振る舞いだって変えられる。それが服の力だから。カラダの言葉で言えば…服も私のペリパーソナルスペース。私たちの脳は、私たちの体の周囲を察知する能力があるから、纏っている服や空間さえも自分の一部になりますよね。服が私の一部なら、選べるならおしゃれなものを着ていたい。そのファッションの楽しさの一番大事なところを忘れてしまうなら、「エシカル」は他でやればいいw  ということで、おしゃれかつエシカルなyoqに続くブランドがたくさん出てくるといいですよねえええ。

yoqのライフスタイル アンバサダーとしてどのようなメッセージを発信していきたいですか?
素敵なウエアに出会うと、動きたくなる。動くと楽しくなる。楽しいことをして、それが環境にもいいことになるなんて、素晴らしい循環。
遠慮なく自分に優しく。それが人にも環境にも優しくなるよ!かな。

yoqからお気に入りのアイテムとそれぞれどのようなシーンで着たいか教えてください。
ブラトップ全3色
 → レッスン&ダンス中はもちろんなのですが、いつでも着れるなと思いました。夏はブラ代わりにビキニトップをいつ着ていたのですが、今年はこれになりそう。程よいフィット感が心地いいのですよね。スポーツブラは苦しいものが多く、レッスン終わるといつもすぐ脱ぎ捨てたくなっていましたが、これは大丈夫。Anytime, Anywhereですね。

ゴッテスタンク → 背中を見せたいときに。

マキシ プラーヤ シャツ2色とも →  骨董通りはもちろん、シティでも大活躍の予感。ウエアの上に羽織るのはもちろんだけど、私は私服にバシバシ合わせていくと思います。マキシ丈のシャツやコートって昨今のトレンドだと思うのですが、コットンだとすごく重いし洗濯も大変。テンセルの軽やかさに一目惚れしました。流れるドレープ、ドルマンスリーブも優しくて大人っぽくて好き。ウエアの上にサクッと羽織れることは想像つきましたが、意外にワイドパンツにも合うんですよね。夏はイージーなストライプのシェフパンツとかに合わせちゃうかな。

基本的に、同じブランドをトータルで着ることって、何においてもあんまりないんですよね。自分の私服とか私服ウエアに組み合わせていく感じとか。あー…でも、グアバ色のマキシシャツに、チャコールグレーのブラトップ組み合わせたときに新鮮な発見がありましたね。大人っぽい!でも私、ちょっと似合うかもって。自分の中で組み合わせたことのないカラーだったので。これがイチオシかな。

インスタグラムでAyaさん@ayanceをフォローしてね!

TOPTOP